So-net無料ブログ作成

奈緒ちゃんとP。その3。 [SS]

P 「すき焼きの材料調達にスーパーに来たものの・・・冷蔵庫の中、何が入ってたかわかるか?」

奈緒 「それはすき焼きに使うって意味だよな?玉子は今朝アタシが使っちゃってないぞ」

P 「肉がなかったのも確かだ」

奈緒 「あったらプロデューサーさんが食べつくしてるもんね」

P 「あれは肉が俺を呼んでるんだよ」

奈緒 「はいはい。それで?野菜とかはどうか覚えてる?」

P 「いや全く」

奈緒 「聞いたアタシが馬鹿だったか」

P 「ひどい言い草だ。んで、どうなんだ?」

奈緒 「一昨日夕飯作った時はニンジンとか玉ねぎとかそのあたりしかなかったと思う」

P 「肉と野菜両方なしか」

奈緒 「あと割りしたや白滝、焼き豆腐なんかも当然ないぞ」

P 「なんだ、結局全部じゃないか。なぁ奈緒、ひとつ相談なんだが」

奈緒 「へへっ、ゴチになります」

P 「分かったよ畜生」

奈緒 「ほらほら行くよ!アタシが入れてくから、カートの方はよろしく!」

P 「はいはい」





奈緒 「コラ!肉ばっかそんなにいれんなって!」

P 「ヒューヒューヒュー♪」

奈緒 「口笛じゃ誤魔化されないからね」





P 「なぁ奈緒、春菊はちょっと・・・」

奈緒 「好き嫌いすんなよな!いい歳した大人なんだから」

P「と、歳・・・」





奈緒 「こっちの白菜の方が葉がつまってる・・・か?」

P 「なんだか奈緒、主婦力が格段に上がってるな」

奈緒 「誰のせいだよ」






奈緒 「デザートくらいアタシが出すよ。何がいい?」

P 「ハーゲンなダッツ」

奈緒 「おい」





P 「思ったより結構な量になっちまったな」

奈緒 「アタシはこの肉のパックがその原因だと思う」

P 「でも奈緒も食べるだろ」

奈緒 「そりゃそうでしょ。でも・・・袋、重くない?全部持たせちゃってなんだか悪い気が・・・」

P 「いいっていいって。選ぶのとか作るのとかまかせちゃってるし、これぐらいはやらせてくれよ」

奈緒 「まぁ、プロデューサーさんがいいって言うならいいんだけどさ・・・」

P 「それは置いといてだ」

奈緒 「ん?どした?」

P 「スーパーでワイワイしながら一緒に選んで、二人並んでのんびり帰るとか、なんか夫婦みたいだな」

奈緒 「なっ!?ふ、夫婦ぅ!?」アタフタ

P 「お前はアイドルだし・・・そうだな、後十年後くらいか?」

奈緒 「ま、まだ心の準備が・・・」ソワソワ

P 「一体その時、お前の隣にはどんな奴が立っているのかねぇ・・・」

奈緒 「え・・・?」

P 「変な男に引っかからないかとか凄い心配だ。なんだかんだで奈緒は乙女だからなぁ・・・」

奈緒 「・・・。」スタスタ

P 「って奈緒?ちょっと待てって。おーい、奈~緒~?」

奈緒 「知らないっ!」





奈緒 「我が家に帰ってきましたっと」

P 「結局なんでさっき歩くスピードあげたのさ?」

奈緒 「さあね。それじゃ、プロデューサーさんはちょっとここで待っててな」

P 「えー、寒いし荷物重いんだけど」

奈緒 「すぐだからちょっとぐらい我慢しろって。それじゃお先ただいま~」ガチャン

P 「ちぇ、締め出されちった」

奈緒 「もういいよー」

P 「やれやれ、何がしたいんだか」ガチャン

奈緒 「おかえり、プロデューサーさんっ」

P 「・・・へ?」

奈緒 「だからさ、おかえりっつってんだから返事くらいしろよな」

P 「お、おう。ただいま」

奈緒 「へへっ。たまにはこんなのも悪くはないだろ?」

P 「あぁ。なんか・・・いいな、こういうの。うん、ただいま」

奈緒 「はい、おかえり。さ、早く入って夕飯の準備始めようぜっ」

P 「あいよ、りょーかい」



おしまい。

奈緒ちゃんとP。その2。 [SS]

奈緒 「なぁ、プロデューサーさん」

P 「おう、なんだ?」

奈緒 「最近、夜になると凄い冷えるよな」

P 「確かに。昼間あったかいからって薄着すると夜になって後悔するよね」

奈緒 「おいおい、体調管理も仕事のうちだろ?しっかりしてくれよ?」

P 「風邪を引かなければ良かろうなのだァァァァァ!」

奈緒 「ウィンウィンウィンウィンウィン・・・って何やらせんだよバカっ!」

P 「ステージ上の奈緒とかけまして、光のモードのカーズ様ととく。その心は?」

奈緒 「人の話を聞けよっ!」

P 「どちらも頂点で光輝くでしょう~なんつって」

奈緒 「・・・。」

P 「ん?奈緒?」

奈緒 「・・・なぁ、プロデューサーさん?アタシ、ホントになれっかな、トップアイドル」

P 「うん、なれるよ」

奈緒 「即答かよ!もうちょっと考えてくれてもいいんじゃないか?なんだか逆に不安じゃんか・・・」

P 「考えるも何も・・・事実、俺はそう思ってるし」

奈緒 「あ、あのなぁ~。これじゃちょっと悩んでたアタシが馬鹿みたいだろ」

P 「へっへー、奈緒ちゃんのば~か」

奈緒 「腹立つなコイツ」

P 「でもそうやって悩むようになったって言うのも、アイドルとしての自覚が出来てきたってことかな」

奈緒 「・・・うるせぇ」

P 「最初のころはアイドルなんか無理ーとか可愛い格好なんて興味ないーだとか言ってたのに、今じゃ『恥じらい乙女』ですよ、『恥じらい乙女』!」

奈緒 「は、恥ずかしいセリフ禁止!」

P 「どれがよ?」

奈緒 「へ?」

P 「どれが恥ずかしいセリフなんだよ?」

奈緒 「だから、その・・・」

P 「うん?」

奈緒 「恥じらい・・・乙女・・・とか・・・」

P 「ウヒョー!奈緒ちゃん乙女!マジ恥じらい乙女!」

奈緒「だから言うなってそれ!恥ずかしいだろっ!ぶっこおすぞっ!」

P 「はははっ。やれるもんならやってみろ~い」

奈緒 「ムッカー!いつか覚えとけよ?」

P 「はいよ~っと。そんじゃ、寒くなってきたことだし、早く帰るとするか」

奈緒 「だな。なぁなぁ、アタシ、今夜鍋がいいな!」

P 「いいねいいね、たまには奮発してすき焼きでもするか!」

奈緒 「プロデューサーさん、やるじゃん!」

P 「見直した?」

奈緒 「いんや全然」

P 「今夜は奈緒は夕飯いらないっと」

奈緒 「嘘嘘!見直した!すっげぇ見直した!」

P 「このお調子者めっ」

奈緒 「・・・・・・・・・ありがとう、な?」

P 「はて、なんのことやら」

奈緒 「たくさん迷惑かけるかもしんないけど、これからもひとつよろしく」

P 「おう」



おしまい

奈緒ちゃんとP。 [SS]

ちょっと前に友達に送ったのがまだ残ってたんで保存代わりに投稿~
気が向いたら続きとかかくかもしれません。



P 「なあ、奈緒ちゃん」
奈緒 「ん、なんだよ?」
P 「うまそうなどら焼だな」
奈緒「そりゃあたしのお気に入りだからね」
P 「ひ、一口…」
奈緒 「やーだよ、これぐらい自分で買えって」
P 「ふ、ふん、いいもんね!別にお腹減ってないし!」
ぐー
奈緒 「じとー」
P 「あ…」
奈緒 「はぁ…しっかたないな、Pさんは。ほら、一緒に食べようぜっ」


screenshot_2012-10-11_1548.png



そして仕事後。

P 「奈緒ちゃんお疲れ!」
奈緒 「あぁ、Pさんか、お疲れさま」
P 「仕事大変だったろ?お菓子に飲み物、たっくさん用意しといたぞ!」
奈緒 「…口元、あんこ」
P 「なぬ!?」
奈緒 「あたしが汗水たらして頑張ってる中、アンタは食べながら買い歩きしてたって訳だ」
P 「いや、その、そんなつもりは…」
奈緒 「じとー」
P 「ううう、ごめんなさい…」
奈緒 「はぁ」(…ちょっと言い過ぎたかな?)
奈緒 「で、でもよ、その、そっちも…さ?」

screenshot_2012-10-18_1838_1.png

【肝臓のライフは】ご勤勉貴音さん。【ゼロよ!】 [ノベマス]

ども、お久しぶりです。のずPです。
ご無沙汰し過ぎていたので、とりあえず私自身のここ半年ほどの簡単なまとめをば。

四月:就職活動本格化+内定1つめゲット。
五月:第二募集開始。四月までに受けたところが最終or最終直前で詰む事件が多発。凹む。
六月:内定二つ目ゲット。就職活動終了。
七月:遊ぶ気満々でいたら会社に資格を取るよう言われる。凹む。
八月:勉強とバイトと合宿に行ってたら終わってる。
九月:模試で合格基準点が約七割なのに六割弱しかとれず凹む。誕生日でちょっとテンション上がる。
十月:21日に本番。それまでラストスパート頑張る。
十一月:2,3,4と大学祭。毎日飲みつぶれる。

てな感じです。
資格試験はここ数年の合格点が35・33・33・36・36と来ているなかで自己採点で35ェ・・・orz
しょうじき不安でたまりません。くそう、あの選択肢さえ変えていなければ・・・orz
落ちてたら来年まで受けられないってのがマジでネック。受かってるといいなぁ・・・

あと、大学祭の時は、ノバマスの社長がいらっしゃるH大にお邪魔させていただきました。
最初はご迷惑にならないかと不安でしたが、いざお会いしたらおしゃべりが止まらず、楽しいひと時を過ごさせていただきました。あぁ、あんなサークルがウチにもあれば・・・

とそんなこんなやっていたワケですはい。



それでは反省。



【ご勤勉貴音さん。】



今年もやってきました貴音さんハロウィン編。

冒頭の妄想部分もいい加減ネタが尽きてきましたし、ハロウィン編の最初で最後の独立回って感じですかね。
久々だけどなんとかなるっしょーと軽い気持ちで作る始めたら全然筆も編集も進まず、挙句の果てに未完のまま大学祭へ突入してノータッチになるという有様。
本編前にリハビリとして作っておいてホントよかったお。

今年は貴音さん受けにしてみました。・・・が、予想以上にむずかったです。
Pは今までの作中的にゲスいことはしないタイプですし、だからといってあそこでガンガンにPに攻めさせちゃうと「もうこっちがエンディングでいいんじゃないかな」になってしまいそうですし・・・ということであんな形におさえてみました。

投コメにも書きましたが、最終回であるその100は今月中に投稿予定です。
もしよろしければそちらもご覧下さいませ。

それでは。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。