So-net無料ブログ作成
検索選択

【チケット】お年頃春香さん。その89。【入手の巻】 [ノベマス]

ヒーハー!のずPです。

いやはやよかった、チケット取れて本当に良かった。
場所はアリーナB800番代。旧JCBホールは行ったことがないのでそれがどの辺に位置するのかは全く分かりませんが、もう取れただけでもうけものって感じです。
前期試験前最後にして最大の娯楽。あぁ・・・本当に待ち遠しい!

まぁその前に教習所という名の難関があるんですが。
効果測定の存在をすっかり忘れてまして、あさってが効果測定、しあさってが見極め+卒検というダブルパンチwww

ああああああああああ!!!!
やばいよおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
救いはないのですか!?

もうこうなったら明日me to meのチケット買ったその足で教習所行って勉強するしかない。もう学校なんてさぼっちゃえ~



さて、反省行きますか―



お年頃春香さん。その89。



今回は夢リレー回。
シーンは、「春香とP」「Pと貴音」「貴音と千早」「千早と春香」の四部構成です。
シーン=そのシーンで寝た(気絶した)人の夢、との認識でよろしいかと。

例)「春香とP」は最後にPが気を失ったため、「Pの夢」ということになる

シーン4にて「千早と春香」の夢を見て飛び起きた春香は「春香とP」というPの夢の春香であって・・・とお話は無限ループ。
あれ?これって片方にとっては夢だけど、もう片方にとっては現実じゃね?どうなってんだこれは?

例)「Pと貴音」は、Pにとっては現実だが、貴音にとっては夢

な~んて思ってループの先を見てみると、シーン5「Pと小鳥」。一連のシーンを夢見たと話すPの姿が。
話の内容からするに、先の4シーンは全部Pの夢。
そこからなんやかんやあって小鳥は不貞寝(笑)してしまう。
そして次のシーンは仮眠室で朝を迎えるPの一コマ。
そう、最初の春香とP(=仮眠室で寝泊まり)の世界につながってしまうんですね。
結局無限ループからは抜け出せないわけです。

でもここで一つ考えてほしいのは、一番最初に出てきた「シーン=そのシーンで寝た人の夢」の法則。
これをシーン5に当てはめると、「Pと小鳥」は「小鳥の夢」ということになる。
そして仮に仮眠室で目覚めるPのシーンをシーン6とするのなら、シーン6は「小鳥の現実」になる。シーン6から繋がるシーン1も小鳥の現実になるはずだが、シーン1に小鳥は登場しない。なぜか?

導き出せる推測は、シーン1「春香とP」自体は真の意味で『現実』にあったことであり、小鳥はそれを見ていた。見ていただけが故に登場しない、ということ。

そして考えられることは、シーン1を目撃した小鳥がその時のことを夢に見て、そこから派生していったのではないだろうか、ということ。

時系列に並べるとこうだろうか?

現実世界:シーン1を小鳥目撃→睡眠時夢を見る

夢の中:「シーン1→シーン2→シーン3→シーン4→シーン1・・・」→シーン5→シーン6+「シーン1→シーン2→・・・」

高確率で「シーン1~4」をループし、時々シーン5に飛ぶ。その場合、シーン6を経由して「シーン1~4」に戻る。

つまり、『現実』でシーン1を目撃した小鳥こそがシーン1~6のループ世界の原点である。
その証拠が「誰の夢にも小鳥が登場しない」ということに集約されているのではないだろうか?



・・・とかなんとか自分で作った動画に関して考察してみたw
明日朝早いのに一体何を考えていることやら・・・
だってこれ全部書いてから手っ取り早い考察思いついたんだもの・・・
作るときは設定なんか深く考えてなかったのにこんな慣れないことやるからッ!

・シーン5が現実
・シーン5でPが話している夢の話は「シーン1~4」のことではない
・「シーン6→シーン1~4ループ」は全部シーン5で照れて寝た小鳥の夢
・小鳥がループに登場しないのは5でPに話した、「P=小鳥はイヤ」の意思表示

こっちの方がめっちゃ文章短くてすむやんorz
で、でもあれだよね!動画を再生→ループ→シークバー動かしてシーン5→シーン6から1に戻るっていう、「動画を再生する」という形にのっとるのなら前者の方があってるよね!?

不思議系のストーリーを考えるときは、きちんと細部の設定をしてからにすべきだと大いに反省と勉強をさせられた回でした、今回は。

次のブログ更新は、効果測定を無事突破できたらSS、無理で教習が伸びるようだったら動画の反省となります。
それでは。

【チケット】お年頃春香さん。その88。【落選の巻】 [ノベマス]

ども、お久しぶりです。のずPです。
結構間があいてしまいましたね^^;

いやはや、見事6thライブの最速抽選落ちてしまいましたよええ。

前に書いたかもですが、私、趣味でロードバイクやってるんですよ。それで、このたび新しいフレームが手に入りましてですね、痛チャリに改造するためにパーツやらリアホイールカバーやら色々と集めているのですが・・・
これで東京のライブいけなかったら俺全力で涙目すぎる(TOT

今年のおみくじは大吉だったッ!ならば今ここでその効力を見せつけてみろッッッ!

次の抽選結果発表日、こわいのう・・・



さて、反省反省っと



お年頃春香さん。その88。



はい、どうも。スランプ回です。
いやはや、ストーリーは思い浮かんでもうまく文章化することもできず、書いては消して書いては消してをしていたらこんなに伸びてしまいました。
んで、このままじゃ本当に更新停滞になると思い急きょ作ったのが今作。
ストーリー構成など考えずに思いついたネタでぱっぱと書いたのがまるっとお見通しな作品ですね。まぁ生存報告代わりに考えていただければ、と。

まだ正式に決まってはいませんが、お年頃シリーズは100話をもって連載を終了する予定です。これは結構前から考えていたことでした。
というのも今年の夏が終わればもう就職活動に向けての準備が始まります。
そして、いざそれらが始まってしまえば連載しているものを更新することは今以上に難しくなることでしょう。最悪、更新停止からの打ち切りだって考えられます。
なので、それが始まる前に、ゆっくりと動画を作ることが出来るうちに決着をつけたいのです。長々と続けさせていただいた、長期にわたって応援していただいたこの作品を自然消滅などさせたくありませんので。
(とはいえ、きっと就活が始まっても時間があれば短編などを作っているような気もしますがw)

そんなことも考えていたせいか、どうやら無意識に焦ってしまったようですね、はい。
次回の更新ではきちんとしたお話を届けられるよう頑張ります。
それでは。

【東方】探して家出っ娘!プロローグ2【紅魔組】 [SS]

タイトルが決まりました。以後、「探して家出っ娘!」をよろしくお願いします。
とは言え、シナリオ案の提供の副産物のようなものなので、動画の方と違って続くかどうか・・・^^;
気の向くときにちまちまと書いていくとしますか~

それではプロローグ2(前回の続きです)、よろしければどうぞ。




探して家出っ娘!プロローグ2

『しーん……………………。』
 って部屋の中で叫んでどうするのよ私!美鈴は門、パチェは図書館にいるんだから聞こえるわけないでしょうに!唯一すっ飛んでくる可能性のある咲夜はお使いに出てもらってるから言わずもがな。もし仮に聞こえてたら地獄耳もいい所。尚且つ帰ってきてたらもはや変態。でもいくらウチの子とは言えそんな人知を超えた真似―――
「お呼びでしょうか、お嬢様」
「君の姿に感動した」
 サクトラマンが…帰ってきたっ!
 …え、帰ってきた?
 なぁにぃ!?
「さ、咲夜!?なんであなたここにいるの!?」
「時間を止めながら走って参りました」
「そういうことを聞いてるんじゃなくって!」
「そもそもお嬢様がお呼びになられたのでは?」
「いやまぁそうなんだけど!?」
 落ち着け落ちケツ落ち着くんだ私。そして逆に考えるんだ。そもそもこの子は人間超越しちゃってるようなもんだから、人知を超えた真似しちゃってもいいって考えるんだ。
 ワンツーレミィで納得する、ワン、ツー、レミィ!はい納得した。
「ゴホン。さて、本題に入ろうか」
(あたふたするお嬢様も愛くるしいですが、キリッとしたお嬢様も凛々しくて素敵です…)
「今現在、屋敷の中で非常事態が起こっている。咲夜はパチェをこの部屋の前まで連れてきなさい。私は美鈴を呼んでこよう。内容は無駄な混乱を避けるためにメンバーが揃ってから通達するものとする」
「質問よろしいですか?」
「何かしら?」
「お話から察するに…外部からの侵入者は無しと思われますが、襲撃の危険性も無しと考えてよろしいですか?」
「えぇ。それで構わないわ」
 いくらなんでもあの子が私たちを襲うなんてことはないでしょうし。
「はい、畏まりました。それではパチュリー様を呼んでまいります」
 能力を行使し、あっという間に視界から消えてゆく咲夜。私もこうしちゃいられない。早く美鈴を呼んで来なくては。

 廊下を駆け、門へと急ぐ。廊下は走ってはいけません、などとはるか昔にならったような気もするが、今はそんなこと気にしている場合ではない。そういえば「廊下を走らない」で思い出したけれど、避難の際の「お・か・し」ってあるじゃない?あれって、「押さない」「駆けない」「喋らない」の頭文字つなげた奴だけど、大昔に「押さない」「駆けない」「死なない」の方が正しいって力説してるやつがいたのよ。それを聞いたとき、幼心になるほど、と思ったね。死んじゃ元も子もないもの。
 …なんて話が脱線しているうちに門へ到着。
「美鈴、いるわね?」
「しくしくしくしくしくしく…」
 泣き声はあれど姿なし。と言うことは花壇かしら?
「コラ美鈴、お前の仕事は門番だろう?門前で突っ立ったまま寝るのはまだいいが、勝手に門をはな―――」
 え?
 あ…ありのまま今起こった事を話すわ!
『門を勝手に離れていた美鈴を叱ろうと思ったら美鈴が花壇の大きい穴の中にうずくまって泣いていた』
 格好的に、暗いよ狭いよ怖いよを想像するといいかもしれない。
「めい…りん…?あなた、どうしたのよ?」
「レ゛ミ゛リ゛ア゛様ぁ~!お花が…私のお花がぁ~!」
 戸惑いながらもしゃがみこんで声をかけると、涙目の美鈴が急に抱きついてきた。こ、コラ美鈴!こんな薄い胸なんかに顔埋めてないの!埋めたきゃ自分のでやってなさい!…なんて言うことも出来ず、よしよしと頭を撫でる。なんて大きな子供だ全く。…他意はないぞ?
 周囲を見渡せば、美鈴のいるクレーターを中心に千切れ飛んだ茎、葉、蕾が散乱していた。花壇を囲う煉瓦も砕けていたりひびが入ったり。いうなれば花壇全体壊滅状態だ。一応隅っこの方に無事なのもちらほら残ってはいるものの、余波にやられたのか、いかにも元気がない。
 聞いていた以上にフランの奴が暴れてくれちゃったようだ。美鈴、花が咲くの楽しみにしてたものね。そりゃこんな有様じゃ心折れちゃうのも仕方ない、か。でも生憎その感傷に浸らせてあげられるほどの余裕は今はないのだ。早くいつもの美鈴に戻ってもらわないと大変なことになる。こうなったら目には目を、歯には歯を、熱血には熱血じゃい!
「ねぇ、美鈴…?」
「ぐすっ…なんでしょうか…?」
 ぺちっ。軽くやさしく頬を張る。
「その顔は何だ?その目は!その涙は何だ!そのお前の涙で…この花壇が救えるのか?」
「レミリア…様?」
「落ち込むなとは言わない。お前がどれだけその花壇に愛情を注いできたかは分かっているつもりだ。だが、目を反らすな。現実を見ろ。そして残ったものに気づけ」
「あっ…隅っこの方…!」
「花壇は後でみんなで直そう。もちろんあの愚妹も一緒にだ。そしていつか美しく咲くであろうその花を私に見せてくれ」
「はい…はいッ!」
「さて、ここからは“仕事”の話だ」
 表情とともに、場の空気が一瞬にして変わる。ふぅ、何とか立ち直ったようね?
「今、紅魔館内でてぇ変なことが起こっている。侵入者がいるわけではないので襲撃の恐れはないのだが、私、お前、パチュリー、咲夜であたらねばならないだろう。詳細は無駄な混乱を省くために、今言ったメンバーが揃い次第伝えよう。ひとまずは私についてきてくれ」
「はっ。おおせのままに」
 さてと、結構時間を食っちゃったみたいだし、早くフランの部屋に戻らなくっちゃ。でも、そ・の・ま・え・に…。
「フッ…、安心しろ。花壇の応急処置は妖精メイドにやるよう手配しておく。お前は安心して任務にあたれ」
「レミリア様…感謝いたします」
 不安は取り払ってあげとかないとね?

…プロローグ3へ続く
タグ:SS 東方

【ウソm@s】バストナイダー【第一話】 [ノベマス]

ぽっかりと時間があいた5月3日。奇しくもその日は嘘マス4の最終日なのであった。
まだ少し眠気が残る頭で考える。

今日の予定は何だろうか。何かあっただろうか。
―――いや、違う。
予定などもう決まっている。後は己で撃鉄を起こすのみだろう?
―――そう、違うんだ。
なぜ時間が出来た?どうして時間が迫る?
―――やることなど、当に決まっている

気がつけば私は、動画を作っていた。



と中二テイストで仕上げてみましたこの作品。
絵心皆無の私にとって絵を描くのが一番大変でした・・・
でもその一方筆の進みは早い早い!
前前からちょいオバカなことを考えていたおかげか、すんなりストーリーを組むことができました。

ああ・・・
なんというかすっげーたのしかったw
この気軽さがウソm@sのいい所だと思う。
運営さん、本当にお疲れさまでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。