So-net無料ブログ作成

奈緒ちゃんとP。その3。 [SS]

P 「すき焼きの材料調達にスーパーに来たものの・・・冷蔵庫の中、何が入ってたかわかるか?」

奈緒 「それはすき焼きに使うって意味だよな?玉子は今朝アタシが使っちゃってないぞ」

P 「肉がなかったのも確かだ」

奈緒 「あったらプロデューサーさんが食べつくしてるもんね」

P 「あれは肉が俺を呼んでるんだよ」

奈緒 「はいはい。それで?野菜とかはどうか覚えてる?」

P 「いや全く」

奈緒 「聞いたアタシが馬鹿だったか」

P 「ひどい言い草だ。んで、どうなんだ?」

奈緒 「一昨日夕飯作った時はニンジンとか玉ねぎとかそのあたりしかなかったと思う」

P 「肉と野菜両方なしか」

奈緒 「あと割りしたや白滝、焼き豆腐なんかも当然ないぞ」

P 「なんだ、結局全部じゃないか。なぁ奈緒、ひとつ相談なんだが」

奈緒 「へへっ、ゴチになります」

P 「分かったよ畜生」

奈緒 「ほらほら行くよ!アタシが入れてくから、カートの方はよろしく!」

P 「はいはい」





奈緒 「コラ!肉ばっかそんなにいれんなって!」

P 「ヒューヒューヒュー♪」

奈緒 「口笛じゃ誤魔化されないからね」





P 「なぁ奈緒、春菊はちょっと・・・」

奈緒 「好き嫌いすんなよな!いい歳した大人なんだから」

P「と、歳・・・」





奈緒 「こっちの白菜の方が葉がつまってる・・・か?」

P 「なんだか奈緒、主婦力が格段に上がってるな」

奈緒 「誰のせいだよ」






奈緒 「デザートくらいアタシが出すよ。何がいい?」

P 「ハーゲンなダッツ」

奈緒 「おい」





P 「思ったより結構な量になっちまったな」

奈緒 「アタシはこの肉のパックがその原因だと思う」

P 「でも奈緒も食べるだろ」

奈緒 「そりゃそうでしょ。でも・・・袋、重くない?全部持たせちゃってなんだか悪い気が・・・」

P 「いいっていいって。選ぶのとか作るのとかまかせちゃってるし、これぐらいはやらせてくれよ」

奈緒 「まぁ、プロデューサーさんがいいって言うならいいんだけどさ・・・」

P 「それは置いといてだ」

奈緒 「ん?どした?」

P 「スーパーでワイワイしながら一緒に選んで、二人並んでのんびり帰るとか、なんか夫婦みたいだな」

奈緒 「なっ!?ふ、夫婦ぅ!?」アタフタ

P 「お前はアイドルだし・・・そうだな、後十年後くらいか?」

奈緒 「ま、まだ心の準備が・・・」ソワソワ

P 「一体その時、お前の隣にはどんな奴が立っているのかねぇ・・・」

奈緒 「え・・・?」

P 「変な男に引っかからないかとか凄い心配だ。なんだかんだで奈緒は乙女だからなぁ・・・」

奈緒 「・・・。」スタスタ

P 「って奈緒?ちょっと待てって。おーい、奈~緒~?」

奈緒 「知らないっ!」





奈緒 「我が家に帰ってきましたっと」

P 「結局なんでさっき歩くスピードあげたのさ?」

奈緒 「さあね。それじゃ、プロデューサーさんはちょっとここで待っててな」

P 「えー、寒いし荷物重いんだけど」

奈緒 「すぐだからちょっとぐらい我慢しろって。それじゃお先ただいま~」ガチャン

P 「ちぇ、締め出されちった」

奈緒 「もういいよー」

P 「やれやれ、何がしたいんだか」ガチャン

奈緒 「おかえり、プロデューサーさんっ」

P 「・・・へ?」

奈緒 「だからさ、おかえりっつってんだから返事くらいしろよな」

P 「お、おう。ただいま」

奈緒 「へへっ。たまにはこんなのも悪くはないだろ?」

P 「あぁ。なんか・・・いいな、こういうの。うん、ただいま」

奈緒 「はい、おかえり。さ、早く入って夕飯の準備始めようぜっ」

P 「あいよ、りょーかい」



おしまい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。