So-net無料ブログ作成
検索選択

奈緒ちゃんとP。その2。 [SS]

奈緒 「なぁ、プロデューサーさん」

P 「おう、なんだ?」

奈緒 「最近、夜になると凄い冷えるよな」

P 「確かに。昼間あったかいからって薄着すると夜になって後悔するよね」

奈緒 「おいおい、体調管理も仕事のうちだろ?しっかりしてくれよ?」

P 「風邪を引かなければ良かろうなのだァァァァァ!」

奈緒 「ウィンウィンウィンウィンウィン・・・って何やらせんだよバカっ!」

P 「ステージ上の奈緒とかけまして、光のモードのカーズ様ととく。その心は?」

奈緒 「人の話を聞けよっ!」

P 「どちらも頂点で光輝くでしょう~なんつって」

奈緒 「・・・。」

P 「ん?奈緒?」

奈緒 「・・・なぁ、プロデューサーさん?アタシ、ホントになれっかな、トップアイドル

P 「うん、なれるよ」

奈緒 「即答かよ!もうちょっと考えてくれてもいいんじゃないか?なんだか逆に不安じゃんか・・・」

P 「考えるも何も・・・事実、俺はそう思ってるし」

奈緒 「あ、あのなぁ~。これじゃちょっと悩んでたアタシが馬鹿みたいだろ」

P 「へっへー、奈緒ちゃんのば~か」

奈緒 「腹立つなコイツ」

P 「でもそうやって悩むようになったって言うのも、アイドルとしての自覚が出来てきたってことかな」

奈緒 「・・・うるせぇ」

P 「最初のころはアイドルなんか無理ーとか可愛い格好なんて興味ないーだとか言ってたのに、今じゃ『恥じらい乙女』ですよ、『恥じらい乙女』!」

奈緒 「は、恥ずかしいセリフ禁止!」

P 「どれがよ?」

奈緒 「へ?」

P 「どれが恥ずかしいセリフなんだよ?」

奈緒 「だから、その・・・」

P 「うん?」

奈緒 「恥じらい・・・乙女・・・とか・・・」

P 「ウヒョー!奈緒ちゃん乙女!マジ恥じらい乙女!」

奈緒「だから言うなってそれ!恥ずかしいだろっ!ぶっこおすぞっ!」

P 「はははっ。やれるもんならやってみろ~い」

奈緒 「ムッカー!いつか覚えとけよ?」

P 「はいよ~っと。そんじゃ、寒くなってきたことだし、早く帰るとするか」

奈緒 「だな。なぁなぁ、アタシ、今夜鍋がいいな!」

P 「いいねいいね、たまには奮発してすき焼きでもするか!」

奈緒 「プロデューサーさん、やるじゃん!」

P 「見直した?」

奈緒 「いんや全然」

P 「今夜は奈緒は夕飯いらないっと」

奈緒 「嘘嘘!見直した!すっげぇ見直した!」

P 「このお調子者めっ」

奈緒 「・・・・・・・・・ありがとう、な?」

P 「はて、なんのことやら」

奈緒 「たくさん迷惑かけるかもしんないけど、これからもひとつよろしく」

P 「おう」



おしまい
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。